コンテンツ

top > コンクリートの長寿命化コンテンツ

コンクリートの長寿命化コンテンツ

施工事例18(堀越橋)

 今回は、鳴門スカイラインに架かる堀越橋橋梁補修工事の施工事例を紹介いたします。

堀越橋(鳴門スカイライン)

・堀越橋橋梁補修工事:徳島県鳴門市
・施工面積:約640㎡
・施工場所:橋脚部
・施工方法:噴霧器
・工事期間:2022年1~3月
・使用薬剤:カルサプリ80㎏、リアクトライズ160㎏
・鳴門スカイラインに架かる堀越橋橋梁補修工事において橋梁修繕工が行われた。
 本工事は橋梁の状態よりひび割れ注入工、断面修復工、表面含浸工の工事が計画された。表面含浸工においては、塩害及び中性化対策を図る目的より、カルシウム補助剤「カルサプリ」併用のけい酸塩系表面含浸材「リアクトライズ」よる施工が行われた。
 リアクトライズを塗布すると、コンクリート内部の遊離カルシウムと反応し、けい酸カルシウム水和物(C-S-H)の保護層を形成する。3種混合のけい酸塩が表層部を緻密化することにより、海水や空気中の炭酸ガスの進入を防ぎ、コンクリート内部を健全な状態に保ちます。その保護効果を高めるためにカルサプリも併用した。リアクトライズにはヘアクラックの閉塞効果があることもメリットである。
 施工後に白華がみられる箇所も見受けられたが、保護層形成の証でもあるため、今後とも外観観察等の経過観察より確認をしてまいります。

堀越海峡に架かる橋梁

北東方向には鳴門海峡

南西方向にはウチノ海

施工後橋脚の様子(2022年4月撮影)

施工時の様子 高い橋脚(2022.2月撮影)

施工部の様子

リアクトライズ施工時(噴霧)の様子

施工部の外観

--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~静岡)

施工事例17(大津地区堤防)

今回はリアクトライズ&カルサプリの施工について紹介いたします。


建設物価2021年12月号に価格掲載
リアクトライズ&カルサプリ

・大津地区堤防耐震対策工事:徳島県鳴門市
・施工面積:80㎡
・施工場所:新設堤防
・施工方法:ローラー
・工事期間:2021年6~7月
・使用薬剤:カルサプリ10㎏、リアクトライズ20㎏
・本工事は、大津地区堤防耐震対策工事の堤防新設において南海地震の津波に備え、躯体の予防保全及び表層緻密化を図る目的より、けい酸塩系表面含浸材リアクトライズによる表面含浸工が計画された。対象堤防は旧吉野川の河口に位置している。
 リアクトライズを塗布すると、コンクリート内部の遊離カルシウムと反応し、けい酸カルシウム水和物(C-S-H)の保護層を形成し表層部を緻密化することにより、海水や空気中の炭酸ガスの進入を防ぎコンクリート内部を健全な状態に保ちます。その保護効果を高めるためにカルシウム補助剤カルサプリも使用した。
 リアクトライズの塗布量確認のために、新技術シールdeチェッカーを試した。リアクトライズの標準塗布量以上でリトマス紙部分が青色に変色し、塗布量確認ができた。

工事現場の様子

リアクトライズ塗布時

施工面にシールdeチェッカーを貼る

リアクトライズを施工

ひきつづき施工

中心部から全体へ変色が広がっていく様子

更に塗布を続ける

全面青色変色を確認(塗布量確認完了)

何か所かに貼って塗布確認実施

変色確認の写真撮影をし終了

--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~静岡)

施工事例16(松木跨線橋)

 今回はリアクトライズ+撥水(+H)の施工について紹介をいたします。

・松木跨線橋:愛媛県四国中央市

・施工面積:A=2291㎡

・施工箇所:跨線橋床版裏面

・施工方法:噴霧器使用

・期間:令和3年5~7月

・使用薬剤:リアクトライズ+H(+撥水) 600㎏

・本工事はJR線の上部に架かる国道の跨線橋の予防保全及び剥落抑制を目的として、撥水作用を付与したオールインワンのコンクリート表面含浸材(リアクトライズ+H)の施工が計画された。

 対象上部工はJR予讃線の上に架かる跨線橋であり、剥落防止のための断面修復工等を施した後に、コンクリート表層部を緻密化するためにリアクトライズ+H(+撥水)の施工を行った。リアクトライズ+Hを塗布すると、コンクリート内部の遊離カルシウムと反応し、けい酸カルシウム水和物(C-S-H)の保護層を形成し表層部を緻密化することにより、水や空気中の炭酸ガスの侵入を防ぎます。又、撥水作用が付与されていることから遮水性能が向上し、コンクリート内部を健全な状態に保ちます。

 施工後にスプレーで水を噴霧してみた所、表層部の撥水性が確認された。施工部が分かりやすいメリットもある。


リアクトライズ+Hの効果説明図

松木跨線橋の様子


JR予讃線 電車の通過も多い


施工箇所(一例)


薬剤、噴霧機の準備


施工後の外観(床版下面)


施工後に水を噴霧して確認


撥水効果を確認

別の箇所も撥水を確認


面積が大きいため施工は数回に分けて実施

--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~静岡)

学会発表

この度、岐阜大学工学部 社会基盤工学科 小林孝一教授とのけい酸塩系表面含浸剤についての共同研究の成果を土木学会(2021年9月10日)で発表いたしました。過去の学会発表と合わせて紹介をいたします。詳細内容につきましては、各営業担当者にお問合せください。


◇2021年

・令和3年度土木学会全国大会 第V部門 補修・補強(材料)V-378撥水作用を付与したけい酸塩系表面含浸材による性能向上の検討

(キーワード:けい酸塩系表面含浸材、撥水作用、透水、塩化物イオン浸透深さ、含浸深さ)


◇2020年

・令和2年度土木学会全国大会 第Ⅴ部門 補修・補強(材料)V-115けい酸塩系表面含浸材に対するセルロースナノファイバーの併用に関する検討

(キーワード:けい酸塩系表面含浸材,セルロースナノファイバー,スケーリング抵抗性,ひび割れ透水)


◇2019年

・日本コンクリート工学会 コンクリート工学年次大会2019 講演番号1278けい酸塩系表面含浸材の含浸深さへの雨掛かりの影響の検証および撥水材の添加による改良品の開発

(キーワード:けい酸塩系表面含浸材,撥水材,含浸深さ,中性化,塩化物イオン浸透,透水量)


◇2018年

・日本コンクリート工学会 Journal of Advanced Concrete Technology, Volume16(2018)論文 Carbonation Proofing Mechanism of Silicate-Based Surface Impregnations

(けい酸塩系表面含浸材の耐中性化メカニズム)


◇2017年

・日本コンクリート工学会 コンクリート工学年次大会2017論文 けい酸塩系表面含浸材の中性化抑制効果及びその抑制機構に関する実験的検討

(キーワード:けい酸塩系表面含浸材,中性化,抑制機構,亜硝酸カルシウム)


◇2016年

・日本材料学会 コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集 第16巻 補修・補強材料298けい酸塩系表面含浸材及びカルシウム補助材がコンクリートの耐久性向上に与える影響

(キーワード:けい酸塩系表面含浸材,透水量,中性化,亜硝酸カルシウム)


◇2015年

・土木学会 第70回年次学術講演会講演概要集 講演番号V-584けい酸塩系表面含浸材のCa系補助材による性能向上に関する実験的検討

(キーワード:けい酸塩系表面含浸材,亜硝酸カルシウム,透水試験)


--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~静岡)

建設物価本に価格記載

 けい酸塩系表面含浸材「リアクトライズ」は、「建設物価」2021年6月号のP195ページ 補修補強材_表面含浸材_けい酸塩系表面含浸材の項に、実勢価格が記載されました。

(全国6,300円)


リアクトライズ&カルサプリに


--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~静岡)

リチウムイオンのASR抑制効果

今回は、リチウムイオンがアルカリシリカ反応(ASR)を抑制する効果について説明をいたします。



◇アルカリシリカ反応(ASR)とは

ASRとは、セメント中に含有されるアルカリを含む硫酸ナトリウムや硫酸カルシウムなどが、セメントの水和反応の過程でコンクリートの隙間に水溶液として溶けだし、強アルカリ性となり、骨材中のアルカリシリカ成分(SiO2)と反応して異常な膨張を生じる現象のことをいいます。アルカリ骨材反応ともよばれます。


◇ASR発生のメカニズム

ASRによる異常膨張は、コンクリート中のアルカリと骨材中の反応性シリカより生じたアルカリシリカゲルが吸水膨張をして生じます。反応性骨材の膨張はコンクリートを内部から押し広げようするために、コンクリート表面に大きなひび割れとなって現れます。


◇リチウムイオンによるASR抑制効果
リチウムイオンをコンクリート表面から含浸させる工法、ひび割れに注入をする工法がASRの抑制対策に用いられています。亜硝酸リチウムがよく使用されています。
リチウムイオンがコンクリートに浸透すると、反応性骨材又は反応後のシリカゲルと反応し、不溶解性ゲルを生成して膨張を抑制する効果があります。
リアクトライズにはリチウムイオンが配合されています。又pHも11.5程度です。


--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~静岡)