コンテンツ

top > コンクリートの長寿命化コンテンツ

コンクリートの長寿命化コンテンツ

施工事例12(多目的公園の擁壁)

今回は、リアクトライズの施工事例を紹介いたします。


・百石須公園擁壁(徳島県北島町内)
・施工面積:擁壁A=450㎡
・期間:令和2年1~2月
・使用薬剤:リアクトライズ
・本工事は百石須多目的公園において、コンクリート擁壁の長寿命化が課題となり、その対策としてけい酸塩系表面含浸工法のリアクトライズによる施工が計画、実施された。
施工箇所の擁壁は、部分的に収縮ひび割れや剥離箇所があった。又、ひび割れ箇所からは水溶性アルカリの溶出より起因するエフロレッセンスがみられた。前処理としてポリマーセメントモルタルによる補修とひび割れ注入工による補修を施し、水洗浄によりエフロを除去した後、リアクトライズの施工が行われた。
施工面は白華等の不具合はなく良好な結果が得られた。今後とも経過観察を続け、長寿命化の効果を確認していきたい。

(施工後擁壁の様子)
2020年3月撮影
河川敷に面する多目的公園

施工後擁壁の全景

剥離箇所はポリマーセメントモルタルにて補修

ひび割れ箇所のエフロレッセンスは洗浄で除去し、ひび割れ注入工で補修

全体的にリアクトライズを施工

施工面1

施工面2

施工面3

(比較対照 施工前の様子)
2017年4月撮影
施工前の擁壁

ひび割れ箇所のエフロレッセンス

全体的に表面汚れている

--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~岐阜)
:高松 03-6433-5154
西日本担当(エリア:滋賀~沖縄)
:中峯、佐野 06-6251-5214
-------------------UMAI CHEMICAL--

NETIS情報を更新しました

国土交通省の新技術情報提供システム NETIS(NEW TECHNOLOGY INFORMATION SYSTEM)の中の、SK-160004-VR リアクトライズ&カルサプリのデータ情報を追加・更新しました。


1月にリニューアルをされました


【追加・更新内容】
①特許状況
 有りへ更新(第6588751号)
②実験等実施状況
 スケーリング試験結果追加
③施工実績の追加
 国土交通省5件、その他公共機関10件、民間等1件
④問合わせ先
 弊社東京支店の住所変更、ホームページアドレスの変更

以上、今後ともよろしくお願いいたします。


--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~岐阜)
:高松 03-6433-5154
西日本担当(エリア:滋賀~沖縄)
:中峯、佐野 06-6251-5214
-------------------UMAI CHEMICAL--

積算資料に掲載されました

積算資料2020年3月号に、リアクトライズの実勢価格が掲載されました。


P266 補強・補修材 コンクリート表面処理材の項に
リアクトライズの実勢価格が記載されました。


--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで
東日本担当(エリア:北海道~岐阜)
:高松 03-6433-5154
西日本担当(エリア:滋賀~沖縄)
:中峯、佐野 06-6251-5214
-------------------UMAI CHEMICAL--

塩害について

今回は、塩害について説明をいたします。


(1)塩害とは
塩化物イオンの浸透よりコンクリート中の鉄筋が腐食し、膨張することで、コンクリートにひび割れや剥離を起こし劣化する現象のこと。鉄筋周辺の塩化物イオン濃度が1.2㎏/m3より多いと腐食が発生すると云われています(腐食発生限界濃度と呼ぶ)。
一旦ひび割れが発生してしまうと急激に進行してしまうことから、初期の段階で対策を行うことが望ましい。


塩害の事例

(2)予防方法
①配合:水セメント比を小さくし緻密なコンクリートにすること。
②かぶり厚:塩化物イオンが鉄筋位置まで浸透しないように十分なかぶり厚を確保する。
③鉄筋:エポキシ樹脂塗装鉄筋を用いる。
④防錆剤:亜硝酸リチウムなどの防錆剤を含浸させる。
⑤予防保全:表面含浸工法などの表面保護工法を、新設又は短い供用期間の構造物に適用する。

腐食が発生する前の潜伏期の段階で、リアクトライズ&カルサプリを適用して頂くことは、塩害抑制の観点から有効です。

鉄筋を埋め込んだ試験体
(NaCl添加の無いブランク)

NaClを添加した試験体
錆びた鉄筋の様子
(促進試験時)


--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで

中性化の速度式

今回はコンクリートの中性化深さと速度式について紹介をいたします。


(1)コンクリートの中性化
コンクリートの中性化とは、大気中の二酸化炭素がコンクリート表面から浸入し、コンクリート中の水酸化カルシウムが炭酸カルシウムに変化することでpHが低下する現象のこと。コンクリートの中性化が鉄筋にまで到達すると、鉄筋が錆びて膨張することで、コンクリートにひびが入ったり、表面が剥離したりして構造物が劣化します。

(2)中性化の速度式
コンクリートの中性化深さは、C=α√t測に従います。
C:中性化深さ(㎜)
α:中性化速度係数
t:供用年数(年)
例えば、供用25年で中性化深さが15㎜であった場合、
15㎜=α×√25年 → α=3となり
供用49年では、C=3×√49=21㎜と推測できます。
通常環境下のコンクリート構造物では、鉄筋までの中性化残りが10㎜を下回らないようにすることがよいと云われています。
中性化速度はコンクリート構造物ごとに環境や詳細な条件が異なるため、一概には判断できない面があります。
又、建物屋内やトンネルの中などでは、二酸化炭素の濃度が高くなることが多く、二酸化炭素濃度が屋外0.04%、屋内0.16%であれば、中性化速度は屋内は屋外に対して√(0.16)/(0.04)=2倍となります。

(3)影響を与える因子
①湿度:湿度50~60%の時、中性化速度は速くなる。
②養生:十分な養生を行えば、中性化速度は低下します。
③圧縮強度:圧縮強度が高い方が、中性化速度は低下します。
④水セメント比:水セメント比が小さい方が、中性化速度は低下します。
⑤けい酸塩系表面含浸剤:けい酸塩系表面含浸剤が施工されている場合、中性化速度は低下します。

リアクトライズ&カルサプリは、コンクリートの中性化抑制に効果があることを確認しております。詳しくは、各営業担当者にお問い合わせをください。

供試体試験での中性化深さ測定の様子
(フェノールフタレイン溶液による変色域を測定)

フェノールフタレイン溶液


--UMAI CHEMICAL-------------------
お問い合わせはこちらまで